肌がピリピリ。オイルクレンジングからミルククレンジングに変えてみました

今までオイルクレンジングを使っていましたが、ミルククレンジングに変更しました。

化粧品21
オイルタイプのクレンジングは濡れた手でも使えて、短時間で洗い流せるところが気に入っていました。
使い方が簡単で、取り扱いも楽ちん。
濃いめのメイクもさっと落とすことができて、しっかりファンデーションを塗るタイプの私に合っている商品だと思っていました。

 

ところが年齢のせいかストレスのせいか、肌が敏感になってきて、オイルクレンジングが合わないと感じるようになりました。

洗浄力が強すぎるんでしょうね。


さっぱり洗えるけれど、必要な皮脂や水分まで落としているみたいで、肌が乾燥し、ピリピリとした刺激を感じるようになりました。

肌に優しく使えるクレンジングを探していた時に、お店の人からミルククレンジングを勧められました。

ミルクタイプはメイク落ちが良くない、という印象があり、あまり乗り気ではなかったのですが、サンプルをもらって使ってみたら使い心地の良さに驚き、アッサリ変更することにしました。
確かにオイルクレンジングよりはメイク落ちが良くないけれど、肌にファンデーションが残っていることもなく、ちゃんと落ちています。
変なヌメリもなく、化粧品って進化しているんだな、と感心しました。
濃いアイメイクはさすがに落とせないのでポイントメイクリムーバーを使う必要がありますが、これは仕方ないですね。
化粧品22
ミルククレンジングに変えてから、洗顔後に肌のピリつきを感じることがなくなりました。
肌に必要な潤いが残っていて、もっちりとした肌に変化しました。
肌に優しいクレンジングを使うだけでこんなに肌に変化があるなんて、驚きです。

 

短所はきちんと洗い流さないと、ニキビができることです。

洗い残しがあると、あごの周辺にぷつぷつとニキビができてしまいます。
しっかり洗い流せば問題ないのですが、オイルタイプと比べて洗い流しに時間がかかるんですよね。
ミルクタイプは肌に馴染ませるのも、洗い流すのも、オイルタイプと比べて2倍以上時間がかかってしまいます。
疲れている時は負担に感じることも。
すぐに寝たい日用に、さっと使えるオイルクレンジングを常備しておき、使い分けるようにしています。