シンプルイズザベスト!敏感肌ラインへ変更した結果!

長年、化粧品難民だった私もようやく今納得できるものに辿り着きました。現在使用しているのは、アベンヌの敏感肌ライン。ここに至る経緯を少しお話ししますと・・・。

 

若かりし頃はニキビ肌だった私。

自分がオイリー肌だと信じてせっせと洗顔や脂取りに励んでいました。化粧水にはアクネケア用の乾燥タイプのもの。もちろん、歳とともに肌質は変化しますし、現在の30歳過ぎの肌と10代の頃とは違って当然なのですが、分かっていなかったのだなぁとしみじみ思います。ニキビも改善しないどころか肌質もいまいち。ついには粉がふいてきてようやく今のケアが自分に合っていないことに気付き皮膚科を受診しました。
化粧品19

そこで処方されたのが、保湿性のクリーム。「え!?ニキビ肌なのにクリーム塗って大丈夫なの!?」と驚きましたが、私の肌、実は乾燥肌だったのでした。

 

そのことはデパートで化粧品コーナーで肌の診断をしてもらったときにも指摘されました。「水分が足りない。もっと保湿と水分補給を心掛けて。」と。

 

そこで私は保湿効果の高いラインの化粧品を一通り買いそろえました。

が、これも今思えばやりすぎでした。保湿力の高いとろみのある化粧水が全く肌に入っていかない。それなのにその上から乳液や美容液やクリームを重ね付けして、「これで本当にいいのかな?」と正解の分からないまま使用を続けていました。簡単に言ってしまうと、自分の肌に合っていなかったのですね。肌質も改善されず、じゃあ違うメーカーの物をと次々に変えて行ったものの合わず、ついには痒くなってしまったのです。それも気のせいとばかりに使用を続けた結果、市販の化粧水ではどれも痒くなるようになってしまいました。
化粧品20

ついに付けるものがなくなってしまった私が辿り着いたのが敏感肌ライン。

敏感肌用の化粧品はそれまで効果が薄く、ただ敏感肌の人が仕方なく付けているものと思っていました。ところがその仕方なく購入して使ってみたときの使用感といったら!とても肌馴染みがよく、刺激もなく、しっとりとした肌触りにとても驚きました。それもシンプルに化粧水だけ。もう30代も半ばに差し掛かりましたが、今までで一番肌質がいいなと実感しています。